アクセスランキング

介護・保育・生活保護・関連制度/資格など福祉に関する話題を2chから集めてまとめています

プロフィール

fukushiko

Author:fukushiko
ニュース以外は古い記事もとりあげていますが、法改正や基準の変更等で
現在では手続等異なるものもあります。


批判的な表現・スレの流れも含まれることがあります(一部伏字にする場合はあり)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

用語解説

サ責=サービス提供責任者
オバヘル=オバサンヘルパー
妖怪=要介護状態の家族を指す家庭板用語
ナマポ=生活保護
加配=加配教員。非常勤などで通常より多く教員を配置すること
池沼=知的障害者。あうあうあーなどと蔑称されることも

過去の人気記事

カウンター



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 【発達】自閉症に「母親由来の抗体」が関係


Thirteen Of Clubs

引用元:【発達】自閉症に「母親由来の抗体」が関係
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1373645335/
1: 白夜φ ★ 2013/07/13(土) 01:08:55.25 ID:???
自閉症に「母親由来の抗体」が関係、研究
2013年07月10日 13:12 発信地:パリ/フランス

【7月10日 AFP】未だ謎の多い自閉症を研究する研究専門家らのチームは9日、胎児の発達中の脳にあるタンパク質を標的にする母親由来の抗体群を発見したと発表した。
医学誌「Translational Psychiatry」に掲載された報告書によると、研究チームは自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもの母親246人と、
障害のない子どもの母親149人を比較し、ASDの子どもの母親のグループでは、全体の4分の1近くにこの抗体群の組み合わせがあることを突き止めたという。

抗体は免疫系における「歩兵」で、「キラー細胞」が標的とするウイルスや微生物に印を付ける役割を担っている。
だがときに、これらの抗体は自己の健康なタンパク質を標的にする原因不明の行動をとる「自己抗体」となる。
この自己抗体は、ループスや関節リウマチ、多発性硬化症などの自己免疫疾患に大きくかかわっている。

妊娠した女性は胎盤を通じて胎児に抗体を送っている。
だが、正常に機能していない抗体も同時に送られ、赤ちゃんにとって必要なタンパク質を標的にすることがあるという。

論文の執筆者で米カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)のジュディ・バンデウォーター(Judy Van De Water)教授(医学)はAFPの取材に電子メールで返答し、
「われわれは自閉症の子どもの母親の23%に、健康な神経の発達に必要なタンパク質に対して自己抗体があることを発見した」と述べた。
「一般的な発達をしている子どもの母親の血液からは、これらの抗体は発見されていない」

■早期検査や治療の開発加速か

バンデウォーター氏によると、研究では、これらの自己抗体群が「とりつく」7種類のタンパク質を明らかにした。
これは一部のASDの発達について極めて重要なヒントとなり、早期の予測検査と治療の開発を加速させる可能性もある。

また研究チームは、7種類のタンパク質による11通りの組み合わせを発見した。
各組み合わせによりASD発症リスクのレベルは異なるという。

「極めて早期の行動的介入は、ASDのある子どもが行動や能力を向上させることを助ける効果がある。
そのため、このこと(タンパク質の組み合わせ)を極めて早期に知ることには有効性がある」と、バンデウォーター氏は述べた。
「検査は妊娠前に行うことが可能なので、女性は代理母を考えるか、ASDの子どもが生まれた場合に早期の介入を行うための準備をするか、判断することができるようになる」(c)AFP
_________________

▽記事引用元 AFPBBNEWS2013年07月10日 13:12配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2955184/11022786

▽関連 
Translational Psychiatry (2013) 3, e278; doi:10.1038/tp.2013.47
Published online 9 July 2013
Maternal antibodies from mothers of children with autism alter brain growth and
social behavior development in the rhesus monkey
http://www.nature.com/tp/journal/v3/n7/full/tp201347a.html

3: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 01:33:58.95 ID:hgbHyQOs
またなんか偏見を生む研究が出てきたな。

32: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 12:21:04.17 ID:Ve5GYI53
>>1
女性団体からのヒステリックな反発が予想されますが?

4: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 02:15:43.14 ID:fR9qGAa3
でも病態がわかって対策取れるようになるなら良いよね

6: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 04:49:13.55 ID:2kE2/lrt
血液型が性格に関係する説きたの?

7: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 05:04:09.56 ID:s2MgREtf
>>6
むしろ全く関係ない説が強化された感じ

8: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 05:16:37.21 ID:jqiGfe67
まずいね、この成果は。
自閉症が嫁の血筋ってことで
責任押し付けられるよ。
ニッポンってこういうことには陰湿な奴が大多数だから。

14: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 08:18:06.13 ID:WA8unsRr
>>8
今まで旦那や旦那の家系のせいにしてきた根性悪ババアおつ。
お前みたいなバカが偉そうに日本人を語るな。

9: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 05:30:56.31 ID:JTPXgy5u
検査は妊娠前に行うことが可能なので、女性は代理母を考えるか

前のほうは理解できないとこあるけど、ここ読んだだけで女性に問題ありってことか?
精神病の研究もお願いします。

10: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 05:43:50.14 ID:VgbOz1G7
うわー・・・
健康な筈の子供を母親の抗体が攻撃し自閉症にしちまったって事か
自閉症の子を持つ母親に早速教えてやらんとw

11: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 06:04:56.08 ID:gRxA+s64
ちょっと待てよ
自閉症の患者さんは年齢経過とともに悪化するケースが多いんだが
何故だ?

13: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 07:45:45.17 ID:w34I62cg
自閉は天才の必須条件。
この研究が実用化されたら世の中凡人だらけになって
世界を激変させるような天才はいなくなるってことだな。
まあ本人も親も生きていくのは楽になるだろうけど

15: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 08:29:28.31 ID:O9qjX2pi
「4分の1近く」でこんな事結論出来るの?

16: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 08:31:00.55 ID:2Wju6WrS
父親な方は調べないのか?

17: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 08:31:25.01 ID:AWR+2eFJ
でも自閉症って男に多いし、男親が自閉症だと子供も自閉症気味。
もちろん女の自閉症もいるけど、やっぱり子供が自閉気味。

単に遺伝だと思うけどねえ。自閉はそういう気質というか
生まれつき持っている性格みたいなものだと思う。自閉でもIQが
高い子は大人になるにつれて、克服したりするし。

18: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 08:56:22.85 ID:a8lHqY/m
自閉症の人の脳では、脳の免疫を担うミクログリアが過剰に/浜松医大2012/11/27
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112601001884.html
自閉症の人は、脳内の免疫を担う働きをしているミクログリアという細胞が
過剰に働いていることが分かったと、
浜松医科大の研究チームが27日付の米医学専門誌電子版に発表した。
原因がよく分かっていない自閉症の一端を明らかにする成果という。


日本の研究の方がいまのところ一手先ってところか

26: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 11:22:15.36 ID:kVl5spWB
 >>18>>1を合わせて、自閉症はアトピーや花粉症のような自己免疫疾患の可能性が
出てきた、と理解していいの?たしかに、最近数十年に増加が噂される所は、似ている。

だとすると、まだ発病したかわからない様な妊娠中~乳幼児期に、抗体検査して、治療すると
発病が抑制される可能性がある?

29: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 11:49:03.77 ID:a+IB3G++
>>26
胎児に対して「自己」免疫疾患と呼ぶかどうかは知らないが、仕組みは同じ
※このスレで散見される遺伝によるものとは全く違う

妊娠前でも検査可能ということなんで、もし特定抗体を生成するリンパ球を幹細胞レベルで
除去できるようになると抑制可能になるかもしれないね
(今の技術だと選別ができないので丸ごと除去→骨髄移植になっちゃうと思うけど)

19: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 09:03:47.57 ID:GazEWeih
77%もそうでない人がいるんだし、要因としては弱そう

20: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 09:17:45.73 ID:RX3Dl079
これが正しいとしたら出産時にはもう遅いんじゃん。
母親も自己抗体あるんだから母親にも自閉傾向があってしかるべきじゃないのか?

21: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 10:11:56.65 ID:Vb0IyL9a
俺も本当は自閉症かもしれん、と最近思う

22: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 10:44:53.27 ID:j/xPRHd2
お母ちゃんはベラベラ喋るし仕事も接客業ばっかだったのになんで俺は

23: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 10:47:03.03 ID:BOymmred
おとなしい人、無口な人、周囲とコミュニケーションをとりたがらない人も
大きいくくりで自閉症って呼ばれがちなんだけど
そういう人と 自閉症の線引きってどこでされるの?

27: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 11:22:59.49 ID:B3RMijia
>>23
素人だが、自閉症って、そういう単なる性格上の問題とは根本的に違う
健常児との間には、線じゃなくて広くて深い谷がある感じ

31: 名無しのひみつ 2013/07/13(土) 12:13:38.24 ID:fR9qGAa3
>>23
ない
周りや本人が困ってたらそう
だから"スペクトラム"

おすすめヘッドライン

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。